戸田流 分銅鎖 ( 古武術 三種の神器)

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい。
クリックで画像を表示
*古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている戸田流分銅鎖を制作させていただきました。三種の神器のひとつとされている分銅鎖でございます。

岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
-------------------------------------------
◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。

戸田流「分銅鎖術」は鎖と分銅の軟硬自在の動きを用いて分銅鎖特有の千変万化の形で構成されている。敵を眩惑させ打倒し、 武器を奪い取り、搦めて捕縛するなど、素手の敵だけでなく武器を持った敵を制圧する為の多くの形が伝えられている。基本としては
「 構えの大事(七法)、隠納法の大事(五法)、素振りの大事(九法)巻搦みの大事(十一法)」で構成されており、目録形としては「 表目録(六本)、裏目録(七本)」が伝えられている。   P60参照◆
-------------------------------------------
分銅本体の精度を更に高めるため、旋盤加工により作成させて頂くことになりました。
その後、製作者が、ご満足いただくように仕上げてまいります。オールステンレス自信作です。

全長   830mm
分胴   長さ 70mm
分銅太さ 17mm
重量   300g


*SUS304という高級ステンレスを採用しているため、錆びにくく、強度が高い製品となっています。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。また、アルミ製の場合は軽い反面変形しやすく威力が少ない・鉄(スチール)は錆に弱いというデメリットがあるのに対し、ステンレスは重量もあり、変形しにくく錆びにくいという多数の利点があります。その分加工が難しいため、ステンレス製の商品を他店樣で入手することはなかなか難しいかと思われます。

*線材元よりの傷や製作過程にできる傷は可能な限り研磨いたしますが、どうしても消えない場合は何卒ご了承下さい。

*装飾用・武術用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分にご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。

*手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい。

みんなのレビュー

総合評価 5(2件) すべてのレビュー
  • 隠匿と威力を体現した武器。
    分銅鎖参の形の発案の原型になったのがこの分銅鎖です。秘武器の悩ましいところは隠匿と威力の二律背反、つまり隠匿を優先すると威力が落ち、威力を優先すると物々しくなり隠匿できなくなる。そこで鎖武器ですが、力学的に鎖が張ると、先端にはその鎖と同等の棒と同じ威力が含まれます。さらに鎖はコンパクトにすれば手中に収まるサイズとなり、隠匿にも優れています。まさに分銅鎖は秘武器の雄だと思っています。

    投稿者:甲賀護身の会

     年齢:30代 性別:男性

    投稿日:2018-05-18

  • 実戦向け。
    鎖を1.2mに延長していただきました。これで気楽流分銅鎖と同じ回旋や直打技が可能になりました。ただ、分銅がシャープなぶん、こちらのほうが1.5倍(体感速度)速いです。いうなれば、重量のある分銅での回旋や直打技が練習用、こちらが実戦用となり、使い分けています。

    投稿者:TJ

     年齢:30代 性別:男性

    投稿日:2018-04-19

この商品を買った人はこんな商品も買っています