◆ 古武術 ◆ 手の内  ◆  捕縛  護身用/護身具

古武術会を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている手の内を引用し制作させていただきました。

◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。
◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
紐は、サバイバルに使用されてるパラコード(紐)でございます。強度に大変優れております。
------------------------------------------
手の内術とは戸田流の外之物「隠し武器」として密かに伝えられ、無刀捕りに用いる秘武器として戸田流棒極意之巻でも外之物事無量口縛として目録とともに現代に伝えられ、筆者が主宰する古武術錬成武備舎で稽古が続けられている。
伝わった秘武器であるが、寸鉄術・分銅鎖術と並ぶ「隠し武器三種の神器」の一つであり、神武不殺の武器術でる。日本古来から伝わる武器武具類は強靭さと威力を備え、戦闘における実用性には定評があるが、加えて美術工芸品的価値をも備えている。手の内術は手之内本体を使用する當身技を主体に、柔術技法の當身技、擒拿技、抑え技固め技などを融合させ、本体に取り付けておある「手抜き紐」を使用した捕縛術(縛り、締めなどの早縄技法)を駆使する技法群で構成されている。手の内術の型には一本目,から十本目までの型がある。(P67~P78参照) 
------------------------------------------
全長  160mm
重量  135g
太さ  13mm
紐長さ 150cm

○「手之内」捌き(持ち方)
右手に手之内を握り中央の紐を示指と中指の間から出して掌から落ちないようにして
手抜き紐の輪の部分を腕に通して掛け、そのまま握り込む。また本来、手之内を携帯する時は着物のタモトに忍ばせておき、手抜き紐は肘上に掛けるようにして隠し持ち異変時には即、タモトから握り出して敵に備えていたと伝えられる。

一本目「日月梵鐘」の型
二本目「二星松風」の型
三本目「釣瓶落し」の型
四本目「片羽締め」の型
五本目「亀甲固め」の型
六本目「古木倒し」の型
七本目「竜巻込み」の型
八本目「竜背合せ」の型
九本目「山陰」の型
十本目「山彦」の型

(P67~P77参照) 
ステンレスは非常に硬く、粉だらけになりながら精魂込めて制作致しました。大変、輝きもあり綺麗に仕上がりました。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。手作りということもあり、傷や溶接部分の隙間が見られる点は、申し訳ございませんがご了承いただければと思います。あくまで私の見解ですが綺麗に仕上がっています。装飾用・武術用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分ににご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。

 SUS304(18-8ステンレス)SUS304は、クロム(Cr)18%、ニッケル(Ni)8%、残りが鉄(Fe)で構成されたステンレス。「18-8ステンレレス」ともいう。ステンレスは構成物によって価格、特性などが異なり、それぞれ呼び方も異なる。水まわり製品にしようされるステンレスには、他に安価なSUS303があるが、SUS304は主に高級品に採用されてる。SUS304は、耐食性・耐熱性に優れておりネジや機械の恒久部品から原子力発電所で使われる冷却水のパイプまで広く用いられている。SUS304のSUSとは、Steel Use Stainlessの略。

6,180円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

みんなのレビュー

総合評価 (0件) すべてのレビュー

この商品を買った人はこんな商品も買っています

カートの中身

カートに商品は入っていません