* 萎えし * 鬼に金棒 *

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
柄紐色<OD>
クリックで画像を表示

S.W.T工房オリジナル人気商品でございます。◆ 鬼に金棒 ◆でございます。グリップを握ると大変バランスも良く・小ぶりながら鬼に金棒のごとく力強く頼もしいお品です。
一つ一つ鋲を付けることで、威力も増し大変面白く仕上がりました。
------------------------------------
全長 360mm
柄(グリップ)長さ 120mm
太さ 13mm
重量 390g
------------------------------------
柄紐はパラシュートコードのODを使用致しました。下記カラーがございますのでお好きなタイプをご選択下さい。
------------------------------------
柄紐 ① BLUE CAMO
柄紐 ② 紫
柄紐 ③ オレンジ
柄紐 ④ TAN
柄紐 ⑤ OD
柄紐 ⑥ ミッドナイトブルー
柄紐 ⑦ 黒
柄紐 ⑧ PINK CAMO


◆古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てがわかる本」より掲載させていただきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナエシとは奇妙な呼称の武器である。ナエしに感じを当てるならば「萎えし」となり意味としては「萎える・萎えさせる」から由来している。広辞苑等の辞典によれば「萎える」とは①しおれる②力がなくなってナヨナヨとなる、とある。武術的に解釈すれば「ナエシ」とは敵を打据え力を削ぎ、無抵抗状態にする目的に使用する意味合いをも
つ。すなわち武器としての「ナエシ」は敵の腕や足を打って萎えさせ、自由を奪い無抵抗状態にする目的の使用する打撃武器であると言える。不意の敵から我が身を守り打ち据え萎えさせる為の護身用のナエシであると考えている。ナエシは最も身近な護身用打物と言えるが、江戸時代では一般人や岡っ引きが用いた物であり、武士階級の使用した武器ではないといえる。

*鉄や真鍮製のなえ氏の使用法は打つ、突く、払う、手や腕を捩じって(ねじる)逆技を掛けるほかに手貫紐を付けて投げたり振り回し分銅代わりに使う方法もある。


*練習で汗をかいても錆ないステンレス製です。SUS304という高級ステンレスを採用しているため、錆びにくく、強度が高い製品となっています。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。また、アルミ製の場合は軽い反面変形しやすく威力が少ない・鉄(スチール)は錆に弱いというデメリットがあるのに対し、ステンレスは重量もあり、変形しにくく錆びにくいという多数の利点があります。その分加工が難しいため、ステンレス製の商品を他店樣で入手することはなかなか難しいかと思われます。



*線材元よりの傷や製作過程にできる傷は可能な限り研磨いたしますが、どうしても消えない場合は何卒ご了承下さい。



*装飾用・武術用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分にご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。



素材は SUS304(18-8ステンレス) SUS304は、クロム(Cr)18%、ニッケル(Ni)8%、残りが鉄(Fe)で構成されたステンレス。「18-8ステンレレス」と  もいう。ステンレスは、構成物によって価格、特性などが異なり、それぞれ呼び方も異なる。水まわり製品にしようされるステンレスには、他に安価なSUS303があるが、SUS304は主に高級品に採用されてる。SUS304は、耐食性・耐熱性に優れており、ネジや機械の恒久部品から原子力発電所で使われる冷却水のパイプまで広く用いられている。SUS304のSUSとは、Steel Use Stainlessの略。  ※ 「wikipediaより抜粋」



 
  • 価格:4,820円

  • 種類:
  • 注文数:

みんなのレビュー

総合評価 (0件) すべてのレビュー

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています