リンク

ログイン・会員登録

初回ご登録お礼 

1.000円分のクーポンを差し上げます。ご購入前にご登録をお済ませ下さい。弊社からクーポンをお送りいたします。システム上、ご登録日が分かず、ご案内が遅れる場合がございます。support@swt-koubou.jpまでお知らせ頂ければ迅速に対応いたします。ご案内が翌日になる場合、予めご了承下さいますようお願い致します。
弊社からのメールが届かないお客様へ

[迷惑メールフィルタ]・[指定ドメイン拒否]・[なりすまし防止設定等]の
受信拒否設定が行われておりますと正常にメールを受け取れない場合があります。迷惑メールの設定を予め解除して頂きますようお願いいたします。

商品検索

お問い合わせフォーム

 令和元年台風第15号、第19号により被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
---------------------------------------------------------------------
S.W.T工房では、これまで40年以上に渡り培ってきたステンレスの加工技術により、これまで難しかったステンレス製の秘武器の模造品を、職人の手で丹精込め、丁寧に製造しております。手にとっていただくと、きっとご満足いただける商品が沢山ございます。特注品やお手持ちの武具などのレプリカの制作も賜りますので、お見積りからお気軽にご利用ください。

また弊社製品は、アニメゲームの宣伝用・他に映画や他の撮影用に弊社の製品をご利用頂いております。
---------------------------------------------------------------------
ご購入前に◆会員のご登録◆をお願いいたします
会員様には、新規ご登録お礼クーポン(1.000円)新商品・セールのご案内(セールクーポンなど)を差し上げます。
  • SALE!筒形契木 Tsutsu-gata Chigirigi
    SALE!筒形契木 Tsutsu-gata Chigirigi
    28,000円
    ◇◆ Sale ! 期間 2019.11-12(火)~11/17(日)PM11:45まで ◆◇
    30.000円→28.000円
    ◆ 筒形契木 仕込み契木 ◆ 筒型チギリギ  

     筒の中に鎖分銅が納まる仕掛けを再現いたしました。先端側を少し下げれば、分銅鎖が滑らかに出てきます。埼玉県秩父気楽流の修業者様考案>より特注品のご依頼を受け製作致しました。製作過程で特に苦労した点は、仕込み部になります。頑健に製作をしております。

    鎖の長さをご希望にそって製作いたします。鎖の長さが長くなれば筒も長くなります。その他ご相談ください。
    -------------------------------------------
    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。

    「チギリギ」と呼ばれる武器が生まれたのは鎖鎌と同様の発想と見てよく、根飛といわれる分銅鎖と棒を連結させ、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての素肌武術のの発達期とともに出来上がった物であろうと考察される。R113参照

    ● 秘武器 契木術の技法 ●
     契木の技法はまず鎖分銅を千段巻きの中に納めた状態では棒術としての技法を駆使することになる。鉄製の千段巻きの部分と納めた分銅の先を使っての打ち突き技、また棒を返しての石突きを使っての打ち突き技は非常に威力がある。もちろん鉄筋の入った千段巻きの部分は敵の刃を受け止め、受け流しての反撃に最大限の効果を発揮する。また鎖を納めたまま契木を打ち込めば敵が受け止めたり下がって躱わしたとしても、間合いの外から鎖分銅が振り出され、各急所を急激することになる。鎖分銅を千段まきから出しだ状態では、敵の手足や首を鎖分銅が縦横無尽に急襲することになる。P119参照

    -------------------------------------------

    丸棒(木製)はホームセンターで購入した軽いタイプをサービス品としてお付けさせて頂いております。お客様のお手持ちの丸棒(木製)を装着してください。(両端にねじ止め固定)
    ----------------------------------------
    <分銅側> m/m
    ・筒 径30
     全長 350

    分銅 全長33
     径  最大30~26

    ・鎖 
     全長 800 
     線径 3


    <石突側>
     全長  135
     筒 径 30
    ・石突
     径 最大26
     先端(尖り)長さ15
    ----------------------------------------

  • ◆鉄甲弐 琉球古武術 (単)
    ◆鉄甲弐 琉球古武術 (単)
    11,000円

    ◆鉄甲弐(単)個人別にサイズ調整いたしますのでご相談ください。

    琉球古武術  向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化いたしました。演武祭にもご使用頂いております。 幾世代にわたり熔けない限りご使用いただけます。

    ------------------------------------------
    (単)
    厚み15ミリ×84ミリ×140ミリ
    重量 約525g
    ------------------------------------------

    ◆鉄甲のサイズの正しい選び方◆6枚目の画像をご参照ください。

    開手にして4本のつけ根の横幅が、鉄甲の内側の幅になるようにサイズを選びます。弊社までご希望の長さをお知らせください。手創り品に付き、誤差は生じますが、ご希望に近く制作を致します。



     
    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • ◆鉄甲弐 琉球古武術<1組 数量2個セット>
    ◆鉄甲弐 琉球古武術<1組 数量2個セット>
    20,000円

    個人別にサイズ調整いたしますのでご相談ください。

    琉球古武術  向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化いたしました。演武祭にもご使用頂いております。 幾世代にわたり熔けない限りご使用いただけます。

    ------------------------------------------
    (単)
    厚み15ミリ×84ミリ×140ミリ
    重量 約525g
    ------------------------------------------

    ◆鉄甲のサイズの正しい選び方◆6枚目の画像をご参照ください。

    開手にして4本のつけ根の横幅が、鉄甲の内側の幅になるようにサイズを選びます。弊社までご希望の長さをお知らせください。手創り品に付き、誤差は生じますが、ご希望に近く制作を致します。

    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • 鉄甲壱(甲)
    鉄甲壱(甲)
    25,000円

    ◆鉄甲壱(甲)個人別にサイズ調整いたします


    ・琉球古武術 向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化致しました。演武祭などでご使用頂いております。開手で鉄甲を持つ場合は、指先を開けば鉄甲は落ちることなく操作できます。その為には、正しいサイズの鉄甲を用いるのが基本中の基本であり重要なことです。持ち手の巾(甲90mm)(乙95mm)(丙100mm)(丁105mm)とご選択いただけます。持ち手部は太さ22ミリのパイプを採用しました。両手にはめた鉄甲の持ち手の端と端を当てた際に金属音が鳴り響きます。苦労した点は従来の通りに再現する事でした。


    ◆鉄甲のサイズの正しい選び方◆6枚目の画像をご参照ください。

    開手にして4本のつけ根の横幅が、鉄甲の内側の幅になるようにサイズを選びます。弊社までご希望の長さをお知らせください。手創り品に付き、誤差は生じますが、ご希望に近く制作を致します。




    向井宣尊先生より貴重なご感想を頂きました。有難うございました。

    -------------------------------------------------

    ・今まで色々な鉄甲を見ましたが、最も出来栄えが、見た目と機能面てとても良い物だと思いました。ここまでの品質の鉄甲は見たことはありません。

    鉄甲壱は重量が軽いので初級者、上級者向けと思いました。軽いと言うことは、鉄甲の操作が行いやすいので体力が無い者や初級者には向いています。

    逆に軽いので鉄甲の重量が作り出す慣性力に頼らない身体操作で鉄甲を操作しなければならないので非常に難しく、逆に上級者向けでもあります。

    -------------------------------------------------

    総重量(単体)265g 持ち手太さ22ミリパイプ

    長さ 90ミリ

    高さ 70ミリ

    ------------------------------------------------- 

    女性用にいかがでしょうか?四番目の画像を御覧ください

    -------------------------------------------------

    女性用 ご利用者様よりご注文をいただきました。

    *「沖縄」廣田 和佳様 *

    (単体)持ち手太さ22ミリパイプ

    長さ 75ミリ 

    高さ 70ミリ

    価格 同額

    ------------------------------------------------- 

    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • 鉄甲壱(乙)
    鉄甲壱(乙)
    26,000円

    ◆鉄甲壱(乙)個人別にサイズ調整いたします

    ・琉球古武術 向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化致しました。演武祭などでご使用頂いております。開手で鉄甲を持つ場合は、指先を開けば鉄甲は落ちることなく操作できます。その為には、正しいサイズの鉄甲を用いるのが基本中の基本であり重要なことです。持ち手の巾(甲90mm)(乙95mm)(丙100mm)(丁105mm)とご選択いただけます。持ち手部は太さ22ミリのパイプを採用しました。両手にはめた鉄甲の持ち手の端と端を当てた際に金属音が鳴り響きます。苦労した点は従来の通りに再現する事でした。


    ◆鉄甲のサイズの正しい選び方◆6枚目の画像をご参照ください。

    開手にして4本のつけ根の横幅が、鉄甲の内側の幅になるようにサイズを選びます。弊社までご希望の長さをお知らせください。手創り品に付き、誤差は生じますが、ご希望に近く制作を致します。



    向井宣尊先生より貴重なご感想を頂きました。有難うございました。

    -------------------------------------------------

    ・今まで色々な鉄甲を見ましたが、最も出来栄えが、見た目と機能面てとても良い物だと思いました。ここまでの品質の鉄甲は見たことはありません。

    鉄甲壱は重量が軽いので初級者、上級者向けと思いました。軽いと言うことは、鉄甲の操作が行いやすいので体力が無い者や初級者には向いています。

    逆に軽いので鉄甲の重量が作り出す慣性力に頼らない身体操作で鉄甲を操作しなければならないので非常に難しく、逆に上級者向けでもあります。

    -------------------------------------------------

    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい

    -------------------------------------------------

    総重量(単体)280g 持ち手太さ22ミリパイプ

    長さ 95ミリ

    高さ 70ミリ

    ------------------------------------------------

    お詫び:寸法画像 重量について相違があり訂正いたします。




  • 鉄甲壱(丙)
    鉄甲壱(丙)
    27,000円

    ◆鉄甲壱(丙)個人別にサイズ調整いたします


    ・琉球古武術 向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化致しました。演武祭などでご使用頂いております。開手で鉄甲を持つ場合は、指先を開けば鉄甲は落ちることなく操作できます。その為には、正しいサイズの鉄甲を用いるのが基本中の基本であり重要なことです。持ち手の巾(甲90mm)(乙95mm)(丙100mm)(丁105mm)とご選択いただけます。持ち手部は太さ22ミリのパイプを採用しました。両手にはめた鉄甲の持ち手の端と端を当てた際に金属音が鳴り響きます。苦労した点は従来の通りに再現する事でした。


    ◆鉄甲のサイズの正しい選び方◆
    開手にして4本のつけ根の横幅が、鉄甲の内側の幅になるようにサイズを選びます。6枚目の画像をご参照ください。


    向井宣尊先生より貴重なご感想を頂きました。有難うございました。

    -------------------------------------------------

    ・今まで色々な鉄甲を見ましたが、最も出来栄えが、見た目と機能面てとても良い物だと思いました。ここまでの品質の鉄甲は見たことはありません。

    鉄甲壱は重量が軽いので初級者、上級者向けと思いました。軽いと言うことは、鉄甲の操作が行いやすいので体力が無い者や初級者には向いています。

    逆に軽いので鉄甲の重量が作り出す慣性力に頼らない身体操作で鉄甲を操作しなければならないので非常に難しく、逆に上級者向けでもあります。

    -------------------------------------------------

    総重量(単体)295g 持ち手太さ22ミリパイプ

    長さ 100ミリ

    高さ 70ミリ

    ------------------------------------------------

    お詫び:寸法画像 重量について相違があり訂正いたします。

    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • 鉄甲壱(丁)
    鉄甲壱(丁)
    28,000円

    ◆鉄甲壱(丁)個人別にサイズ調整いたします


    ・琉球古武術 向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化致しました。演武祭などでご使用頂いております。開手で鉄甲を持つ場合は、指先を開けば鉄甲は落ちることなく操作できます。その為には、正しいサイズの鉄甲を用いるのが基本中の基本であり重要なことです。持ち手の巾(甲90mm)(乙95mm)(丙100mm)(丁105mm)とご選択いただけます。持ち手部は太さ22ミリのパイプを採用しました。両手にはめた鉄甲の持ち手の端と端を当てた際に金属音が鳴り響きます。苦労した点は従来の通りに再現する事でした。


    ◆鉄甲のサイズの正しい選び方◆6枚目の画像をご参照ください。

    開手にして4本のつけ根の横幅が、鉄甲の内側の幅になるようにサイズを選びます。弊社までご希望の長さをお知らせください。手創り品に付き、誤差は生じますが、ご希望に近く制作を致します。



    向井宣尊先生より貴重なご感想を頂きました。有難うございました。

    -------------------------------------------------

    ・今まで色々な鉄甲を見ましたが、最も出来栄えが、見た目と機能面てとても良い物だと思いました。ここまでの品質の鉄甲は見たことはありません。

    鉄甲壱は重量が軽いので初級者、上級者向けと思いました。軽いと言うことは、鉄甲の操作が行いやすいので体力が無い者や初級者には向いています。

    逆に軽いので鉄甲の重量が作り出す慣性力に頼らない身体操作で鉄甲を操作しなければならないので非常に難しく、逆に上級者向けでもあります。

    -------------------------------------------------

    総重量(単体)310g 持ち手太さ22ミリパイプ

    長さ 105ミリ

    高さ 70ミリ

    ------------------------------------------------


    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • ◆ 琉球古武術 鎌 ◆1組(2丁)
    ◆ 琉球古武術 鎌 ◆1組(2丁)
    25,000円

    琉球古武術◆ 鎌 ◆ 柄の長さ ご希望の長さに合わせ制作いたします

    琉球古武術 向井宣尊先生よりオーダーメイドをいただき商品化致しました。演武祭などでご使用頂いております。空手発祥地 沖縄で生まれ、二丁鎌を用いるのが基本とされ、攻防両用に使われます。柄部は角形パイプを採用しており、開き受けを行う時に鎌の首を垂直に重ねやすいとともに、大変握りやすくご満足いただいております。

    ◆鎌の柄の長さの選び方◆
    鎌を逆手に持ち長さを計測し、弊社までご希望の長さをお知らせください。手創り品に付き、誤差は生じますが、ご希望に近く制作を致します。

    5枚目の写真をご参照ください。

    ----------------------------------------------
    ・一丁サイズ
    全長 430mm
    重量 540g

    刃幅  45mm
    刃長さ 175mm
    刃厚み 3mm

    柄長さ 375mm
    柄巾  30mm
    柄厚み 20mm
    柄 角形パイプ厚み 1.2mm
    ----------------------------------------------
    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい

    下記カラーがございますのでお好きなタイプをご選択下さい。ご不要の場合もご選択お願い致します。
    柄紐 ① BLUE CAMO
    柄紐 ② 紫
    柄紐 ③ オレンジ
    柄紐 ④ TAN
    柄紐 ⑤ OD
    柄紐 ⑥ ミッドナイトブルー
    柄紐 ⑦黒
    柄紐 ⑧ピンクカモ
    柄紐 ⑨不要

    *若干見本と色彩が違う場合がございます
  • 戸田流分銅鎖・戸田流分銅鎖(和鎖)・古武術 三種の神器・
    戸田流分銅鎖・戸田流分銅鎖(和鎖)・古武術 三種の神器・
    11,000円-19,820円
    戸田流分銅鎖
    戸田流分銅鎖(和鎖)
    鎖の長さ ご相談下さい

    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている三種の神器 戸田流分銅鎖を制作いたしました。

    岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
    --------------------------------------------------------------------------------------
    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋致しました。

    戸田流「分銅鎖術」は鎖と分銅の軟硬自在の動きを用いて分銅鎖特有の千変万化の形で構成されている。敵を眩惑させ打倒し、 武器を奪い取り、搦めて捕縛するなど、素手の敵だけでなく武器を持った敵を制圧する為の多くの形が伝えられている。基本としては
    「 構えの大事(七法)、隠納法の大事(五法)、素振りの大事(九法)巻搦みの大事(十一法)」で構成されており、目録形としては「 表目録(六本)、裏目録(七本)」が伝えられている。   P60参照◆
    --------------------------------------------------------------------------------------
    分銅本体の精度を更に高めるため、旋盤加工を採用しました。
    その後、製作者が、ご満足いただくように仕上げてまいります。オールステンレス自信作です。
    -------------------------------------------
    戸田流分銅鎖 11.000円
    全長 830mm
    分胴 長さ70mm 太さ17mm 重量(単)約100グラム
    重量 300g
    鎖  線径 3mm
    -------------------------------------------
    戸田流分銅鎖(和鎖)19.820円
    鎖の数が減ればお安くなりますので、ご相談下さい。                    
    全長 760mm 
    分胴 長さ70mm 太さ17mm 重量(単)約100グラム
    重量 約310g 鎖32個
    和鎖  径3mm✕25mm 手造り品
    製作期間 約3週間
    -------------------------------------------

    分銅鎖弐オリジナル(和鎖)和鎖の画像こちらでご参照下さい。

  • ◆六寸◆◆手の内 護身隠し武器 
    ◆六寸◆◆手の内 護身隠し武器 
    6,500円
    ◆ 六寸 ◆◆ 手の内 護身隠し武器 

     六角棒面対面14ミリに丸棒にテーパーをかけたものを接合し、丸棒の先端には径3ミリの紐通し用の穴をあけ、古来の六寸を実現しました。車のガラスクラッシャーとしても役に立つお品です。一見武器に見えず想像以上に発揮してくれる護身隠し武器です。
    ------------------------------
    全長 180mm
    重量 210g

    ・六角棒 
     面対面14mm
     長さ 160mm

    ・丸棒  
     径4mm~径9mm
     長さ 20mm

    ガラスクラッシャーとしてもご利用いただけます。
    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい。


    下記カラーよりご選択下さい。
    柄紐 ① BLUE CAMO
    柄紐 ② 紫
    柄紐 ③ オレンジ
    柄紐 ④ TAN
    柄紐 ⑤ OD
    柄紐 ⑥ ミッドナイトブルー<イメージカラー>
    柄紐 ⑦黒
    柄紐 ⑧ピンクカモ
    柄紐 ⑨ブルー
    紐色 ゴールデンロット
  • 手慣らし鉄扇壱<新骨入り>限定数3  完売
    手慣らし鉄扇壱<新骨入り>限定数3  完売
    13,000円

    ◆ 手慣らし鉄扇 壱◆ 新骨入り 限定数2丁のみ 


    古武術 秘武器 鉄扇壱 新骨入りを制作いたしました。手慣らし鉄扇 壱の形状を厚み12ミリに、そして中心に親骨を入れています。以前、お客様よりご希望があり、特注品のご依頼をいただきましたのでこの度、製作販売をさせて頂きました。

    親骨部の角を削った形状であり、横から見ると小判型になります。8ミリ巾・5ミリ巾と特注品で仕入れたタイプの材料になります。特に厚み12ミリの鉄扇は2点限りになりますので在庫終了後、販売完了になります。<壱 8ミリ巾>

    古武術の大家、 岩井虎伯先生より壱は、手首の鍛錬用に適し、特に居合や柔術等を遣っている方に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    壱  

    扇部最大幅 32mm
    全長 355mm
    厚み 12mm
    重量 970g

    親骨 横からの形状 小判型  高さ3mm 幅8mm


    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • 秩父流型分銅鎖
    秩父流型分銅鎖
    9,500円
    ◆秩父流型分銅鎖◆気楽流分銅鎖・秩父系をもとにS.W.T工房オリジナルとして制作いたしました。分銅本体は太さ25mm・全長65mmで短いながら重量感があります。

    -------------------------------------------
    ◆岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より一部抜粋させて頂きました。

    気楽流は柔術を本体におき、剣術、居合術、棒術、契木術、鎖鎌術、鉄扇術、分銅鎖術などを伝承する総合武術の流派である。使用法は隠し武器としての分銅鎖とは性質が違っており、秘武器・特殊武器の部類に属する。気楽流の分銅鎖は鎖鎌の鎖分銅のように長い鎖を振り回したり、振り当てたりして使用する。遠い間合いからの攻防も可能になり、敵の手足や首、柄物を搦め取るにも適している。また、重い分銅が鎖の遠心力で打ち出された場合、其の威力・破壊力は想像を絶する
    -------------------------------------------
    <分銅本体>
    本体 長さ65mm
    太さ         25mm
    重量 177g
    鎖厚み  3mm

    <分銅鎖>
    総重量  500g
    全長    1m20cm


    ◆秩父気楽流の修行者様よりご感想を頂きました。↓
    ---------------------------------------------------------------------------------
    秘武器の素晴らしい仕上がりにとても感服しております。特に分銅鎖についてですが、秩父気楽流では分銅を両手に持って鎖で相手の太刀を受け止めるという動作を多用するのですが、御社の分銅は握りやすく手溜まりもよいことから、安心して稽古に使用できます。
    ◆お客様の声:ご愛用者の埼玉県O様 有難うございました。
    ---------------------------------------------------------------------------------

  • 手慣らし鉄扇 壱
    手慣らし鉄扇 壱
    7,560円

    ◆ 手慣らし鉄扇 壱◆ 大 軍扇型

    古武術 秘武器 鉄扇壱を制作いたしました。三種の内の大型サイズになります。古武術の大家、 岩井虎伯先生よりご提供いただきました鉄扇の型紙をもとに制作をさせて頂きました。壱(大)・弐(中)・参(小)がございます。壱のタイプは、手首の鍛錬用に適し、特に居合や柔術等を遣っている方に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    壱  

    扇部最大幅 32mm
    全長 355mm
    厚み 8mm
    重量 750g

    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • 手慣らし鉄扇 弐
    手慣らし鉄扇 弐
    6,260円

    ◆ 手慣らし鉄扇 弐◆ 中  軍扇型

    古武術 秘武器 鉄扇壱弐を制作いたしました。三種の内、中型サイズになります。古武術の大家、 岩井虎伯先生よりご提供いただきました鉄扇の型紙をもとに制作をさせて頂きました。壱(大)・弐(中)・参(小)がございます。弐は稽古用や護身用に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    弐 

    扇部最大幅 29mm
    重量 300g
    厚み 8mm
    全長 300mm

    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • 手慣らし鉄扇 参
    手慣らし鉄扇 参
    5,180円

    ◆手慣らし鉄扇 参◆ 小 軍扇型

    古武術 秘武器 鉄扇壱を制作いたしました。三種の内の小型サイズになります。古武術の大家、 岩井虎伯先生よりご提供いただきました鉄扇の型紙をもとに制作をさせて頂きました。壱(大)・弐(中)・参(小)がございます。参は稽古用や護身用に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    扇部最大幅 25mm
    重量 200g
    厚み 8mm
    全長 263mm

    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • SALE!古武術 ◆手の内 寸鉄 ◆ 護身・単体(1本) 護身
    SALE!古武術 ◆手の内 寸鉄 ◆ 護身・単体(1本) 護身
    3,120円
    ◇◆ Sale ! 期間 2019.11-12(火)~11/17(日)PM11:45まで ◆◇
    定価 3.450円→3.210円
    * 寸鉄 * 隠し武器

    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている寸鉄を引用して制作致しました。

    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用(一組)ご使用頂いております。
    -------------------------------------------
    ◆岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋致しました。
    ◆構え方 寸鉄を身に帯びている場合、通常は身構えない自然体で臨戦態勢は見せず、いかにも武器は持っていないようにふるまうのが最良である。

    ◆寸鉄の持ち替え法
    1.まず寸鉄の指輪部分を中指にはめて、平一文字持ち(短頭部前)とする。
    2.寸鉄の指先側下部に中指を掛け、示指で上方げ回転させる。
    3.短頭部を上に向かせ寸鉄を立てる。
    4.短頭部に示指と母指を掛け回転させる。
    5.長頭部を指先側に向け、母指で押さえる。
    これで寸鉄は掌中で瞬間的に180度回転して長頭部前の平一文字持ちへ
    と変化する。ここまでの動作は一瞬のうちに行い、この寸鉄の回転途中で種々の持ち方に変化する事ができる。なお円滑に両手ともに円滑に寸鉄を回転させ瞬時に持ち帰るよう練習が必要である。
    -------------------------------------------

    ◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
    此方は其の単体タイプです。

    一本
    本体全長  約160mm
    太さ    約13mm
    重量    約165g

    リング中心位置 片側から90ミリの位置

    (指輪大きさ2種)
    指輪内径 23mm 指輪厚み2mm 外径27mm(画像)
    指輪内径 24mm 指輪厚み3mm 外径30mm

    ・内径が24mmタイプは本体より若干リングが大きくなります

    発送方法について:銀行前払い・paypalご利用の方は下記方法も可能です
    ご入金前にご指定下さい。(備考欄・メール・お電話より)
    レターパックライト370円 レターパックプラス520円
    複数の商品をご利用の方は、ゆうパックになる場合がございますが、規定内なら可能です。

  • SALE!寸鉄 手の内 1組(2本セット)
    SALE!寸鉄 手の内 1組(2本セット)
    5,910円
    ◇◆ Sale ! 期間 2019.11-12(火)~11/17(日)PM11:45まで ◆◇
    定価6.420円→5.910円
    * 寸鉄 * 隠し武器

    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている寸鉄を引用して制作致しました。
    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。
    -------------------------------------------
    ◆岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋致しました。
    ◆構え方 寸鉄を身に帯びている場合、通常は身構えない自然体で臨戦態勢は見せず、いかにも武器は持っていないようにふるまうのが最良である。

    ◆寸鉄の持ち替え法
    1.まず寸鉄の指輪部分を中指にはめて、平一文字持ち(短頭部前)とする。
    2.寸鉄の指先側下部に中指を掛け、示指で上方げ回転させる。
    3.短頭部を上に向かせ寸鉄を立てる。
    4.短頭部に示指と母指を掛け回転させる。
    5.長頭部を指先側に向け、母指で押さえる。
    これで寸鉄は掌中で瞬間的に180度回転して長頭部前の平一文字持ちへ
    と変化する。ここまでの動作は一瞬のうちに行い、この寸鉄の回転途中で種々の持ち方に変化する事ができる。なお円滑に両手ともに円滑に寸鉄を回転させ瞬時に持ち帰るよう練習が必要である。
    -------------------------------------------

    ◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。

    *SUS304という高級ステンレスを採用しているため、錆びにくく、強度が高い製品となっています。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。また、アルミ製の場合は軽い反面変形しやすく威力が少ない・鉄(スチール)は錆に弱いというデメリットがあるのに対し、ステンレスは重量もあり、変形しにくく錆びにくいという多数の利点があります。その分加工が難しいため、ステンレス製の商品を他店樣で入手することはなかなか難しいかと思われます。


    一本
    本体全長  約160mm
    太さ    約13mm
    重量    約165g

    リング中心位置 片側から90ミリの位置

    (指輪大きさ2種)
    指輪内径 23mm 指輪厚み2mm 外径27mm(画像) 
    指輪内径 24mm 指輪厚み3mm 外径30mm

    ・内径が24mmタイプは本体より若干リングが大きくなります

    *装飾用・武術用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分にご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。

    発送方法について:銀行前払い・paypalご利用の方は下記方法も可能です
    ご入金前にご指定下さい。(備考欄・メール・お電話より)
    レターパックライト370円 レターパックプラス520円
    複数の商品をご利用の方は、ゆうパックになる場合がございますが、規定内なら可能です。

(全商品 : 150点)

おすすめ商品

売れ筋商品

カートの中身

カートに商品は入っていません