この度の台風21号による被害に遭われた方々、そして北海道で発生した地震に際し、被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。早い復旧をお祈り申し上げます。


S.W.T工房では、これまで40年以上に渡り培ってきたステンレスの加工技術により、これまで難しかったステンレス製の秘武器の模造品を、職人の手で丹精込め、丁寧に製造しております。手にとっていただくと、きっとご満足いただける商品が沢山ございます。是非ご利用ください。
---------------------------------------------------------------------
◆会員のご登録をいただいた方に、1.000円のクーポンを差し上げます。ご登録後、クーポンコードを弊社からメールよりご案内いたしますので、この機会に宜しくお願いいたします。
  • 筒形契木 Tsutsu-gata Chigirigi
    筒形契木 Tsutsu-gata Chigirigi
    32,000円
    ◆ 筒形契木 仕込み契木 ◆ 筒型チギリギ  

     筒の中に鎖分銅が納まる仕掛けを再現いたしました。先端側を少し下げれば、分銅鎖が滑らかに出てきます。埼玉県秩父気楽流の修業者様考案>より特注品のご依頼を受け製作致しました。製作過程で特に苦労した点は、仕込み部になります。頑健に製作をしております。

    鎖の長さをご希望にそって製作いたします。鎖の長さが長くなれば筒も長くなります。その他ご相談ください。
    -------------------------------------------
    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。

    「チギリギ」と呼ばれる武器が生まれたのは鎖鎌と同様の発想と見てよく、根飛といわれる分銅鎖と棒を連結させ、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての素肌武術のの発達期とともに出来上がった物であろうと考察される。R113参照

    ● 秘武器 契木術の技法 ●
     契木の技法はまず鎖分銅を千段巻きの中に納めた状態では棒術としての技法を駆使することになる。鉄製の千段巻きの部分と納めた分銅の先を使っての打ち突き技、また棒を返しての石突きを使っての打ち突き技は非常に威力がある。もちろん鉄筋の入った千段巻きの部分は敵の刃を受け止め、受け流しての反撃に最大限の効果を発揮する。また鎖を納めたまま契木を打ち込めば敵が受け止めたり下がって躱わしたとしても、間合いの外から鎖分銅が振り出され、各急所を急激することになる。鎖分銅を千段まきから出しだ状態では、敵の手足や首を鎖分銅が縦横無尽に急襲することになる。P119参照

    -------------------------------------------

    丸棒(木製)はホームセンターで購入した軽いタイプをサービス品としてお付けさせて頂いております。お客様のお手持ちの丸棒(木製)を装着してください。(両端にねじ止め固定)
    ----------------------------------------
    <分銅側> m/m
    ・筒 径30
     全長 350

    分銅 全長33
     径  最大30~26

    ・鎖 
     全長 800 
     線径 3


    <石突側>
     全長  135
     筒 径 30
    ・石突
     径 最大26
     先端(尖り)長さ15
    ----------------------------------------

  • ◆ 短槍付き陣鎌 ◆ 台座付
    ◆ 短槍付き陣鎌 ◆ 台座付
    20,000円
    ◆ 短槍付き陣鎌 ◆ を制作致しました。台座をご用意致しましたので、オブジェとしてもご使用下さい。形状・仕上がり共、自信作でございます。先端は槍になっておりますが、鎌刃共に刃は付けておりません。

    全長 620mm
    重量 本体のみ 825g
    穂先長さ 70mm
    鎌刀長さ 150mm
    鎌刀巾 30mm
    柄長さ 520mm
    柄太さ 21mm
    石突 長さ 20mm
  • ◆鉄甲弐 琉球古武術 (単)
    ◆鉄甲弐 琉球古武術 (単)
    11,000円

    ◆鉄甲弐(単)

    琉球古武術     幾世代にわたり熔けない限りご使用いただけます。

    ------------------------------------------
    (単)
    厚み15ミリ×84ミリ×140ミリ
    重量 約525g
    ------------------------------------------
     
    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • ◆鉄甲弐 琉球古武術<1組 数量2個セット>
    ◆鉄甲弐 琉球古武術<1組 数量2個セット>
    20,000円

    琉球古武術 幾世代にわたり熔けない限りご使用いただけます。

    ------------------------------------------
    (単)
    厚み15ミリ×84ミリ×140ミリ
    重量 約525g
    ------------------------------------------
     
    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい


  • 戸田流 分銅鎖 ( 古武術 三種の神器)
    戸田流 分銅鎖 ( 古武術 三種の神器)
    10,000円
    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている三種の神器 戸田流分銅鎖を制作いたしました。

    岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
    --------------------------------------------------------------------------------------
    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋致しました。

    戸田流「分銅鎖術」は鎖と分銅の軟硬自在の動きを用いて分銅鎖特有の千変万化の形で構成されている。敵を眩惑させ打倒し、 武器を奪い取り、搦めて捕縛するなど、素手の敵だけでなく武器を持った敵を制圧する為の多くの形が伝えられている。基本としては
    「 構えの大事(七法)、隠納法の大事(五法)、素振りの大事(九法)巻搦みの大事(十一法)」で構成されており、目録形としては「 表目録(六本)、裏目録(七本)」が伝えられている。   P60参照◆
    --------------------------------------------------------------------------------------
    分銅本体の精度を更に高めるため、旋盤加工を採用しました。
    その後、製作者が、ご満足いただくように仕上げてまいります。オールステンレス自信作です。
    -------------------------------------------
    全長   830mm
    分胴   長さ 70mm
    分銅太さ 17mm
    重量   300g
    -------------------------------------------

  • ◆六寸◆◆手の内 護身隠し武器 
    ◆六寸◆◆手の内 護身隠し武器 
    4,500円
    ◆ 六寸 ◆◆ 手の内 護身隠し武器 

     六角棒面対面14ミリに丸棒にテーパーをかけたものを接合し、丸棒の先端には径3ミリの紐通し用の穴をあけ、古来の六寸を実現しました。車のガラスクラッシャーとしても役に立つお品です。一見武器に見えず想像以上に発揮してくれる護身隠し武器です。
    ------------------------------
    全長 180mm
    重量 210g

    ・六角棒 
     面対面14mm
     長さ 160mm

    ・丸棒  
     径4mm~径9mm
     長さ 20mm

    ガラスクラッシャーとしてもご利用いただけます。
    *手造り品につき寸法・重量には誤差があります。ご了承下さい。


    下記カラーよりご選択下さい。
    柄紐 ① BLUE CAMO
    柄紐 ② 紫
    柄紐 ③ オレンジ
    柄紐 ④ TAN
    柄紐 ⑤ OD
    柄紐 ⑥ ミッドナイトブルー<イメージカラー>
    柄紐 ⑦黒
    柄紐 ⑧ピンクカモ
    柄紐 ⑨ブルー
    紐色 ゴールデンロット
  • ◆ 秩父流型分銅鎖 ◆
    ◆ 秩父流型分銅鎖 ◆
    8,500円
    ◆秩父流型分銅鎖◆気楽流分銅鎖・秩父系をもとにS.W.T工房オリジナルとして制作させていただきました。分銅本体は太さ25mm・全長65mmで短いながら重くできております。

    -------------------------------------------
    ◆岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より一部抜粋させて頂きました。

    気楽流は柔術を本体におき、剣術、居合術、棒術、契木術、鎖鎌術、鉄扇術、分銅鎖術などを伝承する総合武術の流派である。使用法は隠し武器としての分銅鎖とは性質が違っており、秘武器・特殊武器の部類に属する。気楽流の分銅鎖は鎖鎌の鎖分銅のように長い鎖を振り回したり、振り当てたりして使用する。遠い間合いからの攻防も可能になり、敵の手足や首、柄物を搦め取るにも適している。また、重い分銅が鎖の遠心力で打ち出された場合、其の威力・破壊力は想像を絶する
    -------------------------------------------
    <分銅本体>
    本体 長さ65mm
    太さ         25mm
    重量 177g
    鎖厚み  3mm

    <分銅鎖>
    総重量  500g
    全長    1m20cm


    ◆秩父気楽流の修行者様よりご感想を頂きました。↓
    ---------------------------------------------------------------------------------
    秘武器の素晴らしい仕上がりにとても感服しております。特に分銅鎖についてですが、秩父気楽流では分銅を両手に持って鎖で相手の太刀を受け止めるという動作を多用するのですが、御社の分銅は握りやすく手溜まりもよいことから、安心して稽古に使用できます。
    ◆お客様の声:ご愛用者の埼玉県O様 有難うございました。
    ---------------------------------------------------------------------------------

  • 古武術 ◆手の内 寸鉄 ◆ 護身・単体(1本) 護身
    古武術 ◆手の内 寸鉄 ◆ 護身・単体(1本) 護身
    2,870円
    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている寸鉄を引用して制作させていただきました。

    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用(一組)ご使用頂いております。
    -------------------------------------------
    ◆岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させて頂きました。
    ◆構え方 寸鉄を身に帯びている場合、通常は身構えない自然体で臨戦態勢は見せず、いかにも武器は持っていないようにふるまうのが最良である。

    ◆寸鉄の持ち替え法
    1.まず寸鉄の指輪部分を中指にはめて、平一文字持ち(短頭部前)とする。
    2.寸鉄の指先側下部に中指を掛け、示指で上方げ回転させる。
    3.短頭部を上に向かせ寸鉄を立てる。
    4.短頭部に示指と母指を掛け回転させる。
    5.長頭部を指先側に向け、母指で押さえる。
    これで寸鉄は掌中で瞬間的に180度回転して長頭部前の平一文字持ちへ
    と変化する。ここまでの動作は一瞬のうちに行い、この寸鉄の回転途中で種々の持ち方に変化する事ができる。なお円滑に両手ともに円滑に寸鉄を回転させ瞬時に持ち帰るよう練習が必要である。
    -------------------------------------------

    ◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
    此方は其の単体タイプです。

    一本
    本体全長  約160mm
    太さ    約13mm
    重量    約165g


    (指輪大きさ2種)
    指輪内径 23mm 指輪厚み2mm 外径27mm(画像)
    指輪内径 24mm 指輪厚み3mm 外径30mm

    ・内径が24mmタイプは本体より若干リングが大きくなります
  • 寸鉄 手の内 1組(2本セット)
    寸鉄 手の内 1組(2本セット)
    5,150円
    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている寸鉄を引用して制作させていただきました。
    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。
    -------------------------------------------
    ◆岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させて頂きました。
    ◆構え方 寸鉄を身に帯びている場合、通常は身構えない自然体で臨戦態勢は見せず、いかにも武器は持っていないようにふるまうのが最良である。

    ◆寸鉄の持ち替え法
    1.まず寸鉄の指輪部分を中指にはめて、平一文字持ち(短頭部前)とする。
    2.寸鉄の指先側下部に中指を掛け、示指で上方げ回転させる。
    3.短頭部を上に向かせ寸鉄を立てる。
    4.短頭部に示指と母指を掛け回転させる。
    5.長頭部を指先側に向け、母指で押さえる。
    これで寸鉄は掌中で瞬間的に180度回転して長頭部前の平一文字持ちへ
    と変化する。ここまでの動作は一瞬のうちに行い、この寸鉄の回転途中で種々の持ち方に変化する事ができる。なお円滑に両手ともに円滑に寸鉄を回転させ瞬時に持ち帰るよう練習が必要である。
    -------------------------------------------

    ◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。

    *SUS304という高級ステンレスを採用しているため、錆びにくく、強度が高い製品となっています。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。また、アルミ製の場合は軽い反面変形しやすく威力が少ない・鉄(スチール)は錆に弱いというデメリットがあるのに対し、ステンレスは重量もあり、変形しにくく錆びにくいという多数の利点があります。その分加工が難しいため、ステンレス製の商品を他店樣で入手することはなかなか難しいかと思われます。


    一本
    本体全長  約160mm
    太さ    約13mm
    重量    約165g


    (指輪大きさ2種)
    指輪内径 23mm 指輪厚み2mm 外径27mm(画像) 
    指輪内径 24mm 指輪厚み3mm 外径30mm

    ・内径が24mmタイプは本体より若干リングが大きくなります

    *装飾用・武術用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分にご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。
  • ◆◆手の内 其の四 ◆竹櫛型◆
    ◆◆手の内 其の四 ◆竹櫛型◆
    2,970円
    S.W.T工房 オリジナル◆ 手の内 其の四 竹櫛型 ◆を制作致しました。ステンレスは非常に硬く、粉だらけになりながら精魂込めて制作致しました。何辺にも削りを入れた為、その分、輝きも増し、見た目にも竹の様に仕上げております。紐は、サバイバルに使用されてるパラコード(紐)でございます。強度に大変優れております。

    ◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております

    ------------------------------------------
    全長  160mm
    重量  約140g
    太さ  13mm
    紐長さ 160cm

    古武術会を代表する岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用て頂いております。先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている手の内の持ち方を引用抜粋させていただきました。

    ○「手之内」捌き(持ち方)
    右手に手之内を握り中央の紐を示指と中指の間から出して掌から落ちないようにして
    手抜き紐の輪の部分を腕に通して掛け、そのまま握り込む。また本来、手之内を携帯する時は着物のタモトに忍ばせておき、手抜き紐は肘上に掛けるようにして隠し持ち異変時には即、タモトから握り出して敵に備えていたと伝えられる。

    一本目「日月梵鐘」の型
    二本目「二星松風」の型
    三本目「釣瓶落し」の型
    四本目「片羽締め」の型
    五本目「亀甲固め」の型
    六本目「古木倒し」の型
    七本目「竜巻込み」の型
    八本目「竜背合せ」の型
    九本目「山陰」の型
    十本目「山彦」の型

    (P67~P77参照) 
  • ◆ 古武術 ◆ 手の内  ◆  捕縛  護身用/護身具
    ◆ 古武術 ◆ 手の内  ◆  捕縛  護身用/護身具
    6,180円
    古武術会を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている手の内を引用し制作させていただきました。

    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております。
    ◆錆びなく、お手入れも簡単でご好評を頂いております。
    紐は、サバイバルに使用されてるパラコード(紐)でございます。強度に大変優れております。
    ------------------------------------------
    手の内術とは戸田流の外之物「隠し武器」として密かに伝えられ、無刀捕りに用いる秘武器として戸田流棒極意之巻でも外之物事無量口縛として目録とともに現代に伝えられ、筆者が主宰する古武術錬成武備舎で稽古が続けられている。
    伝わった秘武器であるが、寸鉄術・分銅鎖術と並ぶ「隠し武器三種の神器」の一つであり、神武不殺の武器術でる。日本古来から伝わる武器武具類は強靭さと威力を備え、戦闘における実用性には定評があるが、加えて美術工芸品的価値をも備えている。手の内術は手之内本体を使用する當身技を主体に、柔術技法の當身技、擒拿技、抑え技固め技などを融合させ、本体に取り付けておある「手抜き紐」を使用した捕縛術(縛り、締めなどの早縄技法)を駆使する技法群で構成されている。手の内術の型には一本目,から十本目までの型がある。(P67~P78参照) 
    ------------------------------------------
    全長  160mm
    重量  135g
    太さ  13mm
    紐長さ 150cm

    ○「手之内」捌き(持ち方)
    右手に手之内を握り中央の紐を示指と中指の間から出して掌から落ちないようにして
    手抜き紐の輪の部分を腕に通して掛け、そのまま握り込む。また本来、手之内を携帯する時は着物のタモトに忍ばせておき、手抜き紐は肘上に掛けるようにして隠し持ち異変時には即、タモトから握り出して敵に備えていたと伝えられる。

    一本目「日月梵鐘」の型
    二本目「二星松風」の型
    三本目「釣瓶落し」の型
    四本目「片羽締め」の型
    五本目「亀甲固め」の型
    六本目「古木倒し」の型
    七本目「竜巻込み」の型
    八本目「竜背合せ」の型
    九本目「山陰」の型
    十本目「山彦」の型

    (P67~P77参照) 
  • ◆ *武蔵 長尾流懐剣 *(大)鉄貫 ◆
    ◆ *武蔵 長尾流懐剣 *(大)鉄貫 ◆
    12,360円
    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている武蔵 長尾流懐剣を引用制作させて頂きました。此ののタイプは懐剣(大)でございます。※総て刃は付いておりませんが、刃の部分は蛤(ハマグリ)の口の様に再現致しました。

    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております◆
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    *宮本武蔵が熊本に落ち着いた晩年、行住座臥(ギョウジュウザガ)常に護身の為、懐に懐紙に挟んで携帯していた被武器「長尾流懐剣」*
    晩年、腰から大小の刀を外し、外出する時も一本の杖を携えるだけであったと伝わる。ただし外見上は一本の杖だけを携えるだけに見えても多くの武芸者に遺恨を持つ者たちに不意に襲われる事を覚悟し、行住座臥(ギョウジュウザガ)つねに懐には秘武器を携行していたと言われる。武蔵は常にこの秘武器を懐の懐紙に包んで携行していた。それは長尾流の懐剣と言われ、鉞(マサカリ)の形をしている鋭い刃を備えた秘武器であった。
    この長尾流の懐剣は武蔵の自作と言われ、孔と刃の間に「誠心直通」と彫ってあったと伝わる。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させて頂きました
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    *行住座臥:「行」は行く(歩く)こと、「住」は止まること、「坐」は座ること、「臥」はふせる(寝る)こと。この4つが一切の行動の基本になるため、仏教ではこれを「四威儀(しいぎ)」とよんで、特に規律を定めた。「行住座臥」とも書く。四字熟語データバンクより抜粋
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    練習で汗をかいても錆びないステンレス製です。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。手作りということもあり、傷や溶接部分の隙間が見られる点は、申し訳ございませんがご了承いただければと思います。あくまで私の見解ですが綺麗に仕上がっています。
    ※装飾用・武術・演武用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分ににご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。
  • ◆ *武蔵 長尾流懐剣 *(小)鉄貫 ◆
    ◆ *武蔵 長尾流懐剣 *(小)鉄貫 ◆
    10,050円
    *古武術を代表する岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より掲載されている武蔵 長尾流懐剣を引用制作させて頂きました。このタイプは小型に復元させていただいた物でございます。懐剣(小)、忠実に復元したタイプは懐剣(大)で販売させて頂きます。※総て刃は付いておりません。が刃の部分は蛤(ハマグリ)の口の様に制作致しました。

    ◆岩井虎伯先生の稽古用・演武用にご使用頂いております◆
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    *宮本武蔵が熊本に落ち着いた晩年、行住座臥(ギョウジュウザガ)常に護身の為、懐に懐紙に挟んで携帯していた被武器「長尾流懐剣」*
    晩年、腰から大小の刀を外し、外出する時も一本の杖を携えるだけであったと伝わる。ただし外見上は一本の杖だけを携えるだけに見えても多くの武芸者にや遺恨を持つ者たちに不意に襲われる事を覚悟し、行住座臥(ギョウジュウザガ)つねに懐には秘武器を携行していたと言われる。武蔵は常にこの秘武器を懐の懐紙に包んで携行していた。それは長尾流の懐剣と言われ、鉞(マサカリ)の形をしている鋭い刃を備えた秘武器であった。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させて頂きました
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    *行住座臥:「行」は行く(歩く)こと、「住」は止まること、「坐」は座ること、「臥」はふせる(寝る)こと。この4つが一切の行動の基本になるため、仏教ではこれを「四威儀(しいぎ)」とよんで、特に規律を定めた。「行住座臥」とも書く。四字熟語データバンクより抜粋
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    練習で汗をかいても錆びないステンレス製です。同じステンレス製でもメーカーにより硬さに相違があり、一番硬いタイプを使用しております。手作りということもあり、傷や溶接部分の隙間が見られる点は、申し訳ございませんがご了承いただければと思います。あくまで私の見解ですが綺麗に仕上がっています。
    ※装飾用・武術・演武用のためにお使いください。また、手を滑らせてなど落下について十分ににご注意下さい。怪我について、当方では一切の補償は致しません。何卒ご了承下さい。
  • ◆ 鎖鎌 ◆ S.W.T工房オリジナル
    ◆ 鎖鎌 ◆ S.W.T工房オリジナル
    15,000円

    ◆ 鎖鎌  ◆S.W.T工房オリジナル を制作致しました。演武用・練習用・レプリカとしてご使用ください。

    -----------------------------------------------------

    古武術の大家 岩井虎伯先生執筆・監修されておられます「日本武器集成 変わり武器」より抜粋させていただきました。


    鎖鎌の発生は陣鎌(じんがま)や厩鎌(うらやかま)に分銅鎖を取り付けたのが始まりである。これらの鎖鎌の先端部や下端部に中国伝来の根飛(こんび)と呼ばれる分銅鎖を取り付けて武器として使用した。鎖鎌は単独武器術のみを持って一流儀を形成していることはなく、ほとんどが剣術や柔術、薙刀術等の流派に併伝されており、堤宝山流、富田流、正木流、直心影流、気楽流、戸田派武甲流等の鎖鎌術が有名である。
    -----------------------------------------------------
    厚み    6mm
    鎌全長  280mm
    鎌刀長さ 140mm
    重量      510g

    鎖長さ    900mm

    分銅太さ  径20mm
    分銅全長  50mm
    -----------------------------------------------------
    手つくり品につき寸法・重量には誤差があります。予めご了承ください。

    これらの武具は鑑賞用美術品もしくは古武術用の修業用としてご使用下さい。公共の場(公園・屋外・車内他)などで所持・振り回すなどした場合、軽犯罪法に該当いたしますのでご注意下さい。公式の場・練習場・家の中でご使用ください。



  • ◆結合手裏剣<棒手裏剣>
    ◆結合手裏剣<棒手裏剣>
    6,000円
    ◆結合手裏剣◆一組(5本セット) レプリカ・練習用

    最先端部(刃部)を鉄製(45C)に、剣身から剣底までステンレスを採用し結合したものです。鉄部は焼き入れをしております。美しく鉄とステンが、みごとに一体化しております。先端部(鉄部)をまめにお手入れすれば綺麗に保つことが可能かと思います。レプリカ・練習用としてご使用下さい。
    ---------------------------
    ・6mm 四角棒
    全長 150mm
    重量/単 約38g
    ---------------------------
    ※先端が鋭利のため、お取り扱いにご注意下さい。角度を変えながら、つなぎ目を凝視するとわずかに色が違っております。一旦、錆が生じた場合は基に戻すことが出来ません。ご了承下さいますようお願い致します。

    ----------------------------------------------------------------
    明府真影流 真下康弘先生に試みて頂きました。 
    投げ続けると汗により、ステンレスの鏡面による滑り易さがあります。傷を入れる事で従来と同じように使えます。

    貴重なご意見をいただき有難うございました。
    ----------------------------------------------------------------
    練習用としてご使用される方はご相談下さい。研磨の番数を変更することで滑りを軽減することも可能です。


    弊社ホームページ特定商取引法に基づく表示で明記しておりますが、公共の場(公園・屋外・車内他)などで所持・振り回すなどした場合、軽犯罪法に該当いたしますのでご注意下さい。公式の場・練習場・家の中でご使用ください。練習の為、持ちだされる場合、ただちに、取り出す事が出来ないように十分に梱包され練習場に臨んで下さいますようお願い致します。



(全商品 : 136点)

おすすめ商品

売れ筋商品

カートの中身

カートに商品は入っていません