契木

この度の台風21号による被害に遭われた方々、そして北海道で発生した地震に際し、被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。早い復旧をお祈り申し上げます。


S.W.T工房では、これまで40年以上に渡り培ってきたステンレスの加工技術により、これまで難しかったステンレス製の秘武器の模造品を、職人の手で丹精込め、丁寧に製造しております。手にとっていただくと、きっとご満足いただける商品が沢山ございます。是非ご利用ください。
---------------------------------------------------------------------
◆会員のご登録をいただいた方に、1.000円のクーポンを差し上げます。ご登録後、クーポンコードを弊社からメールよりご案内いたしますので、この機会に宜しくお願いいたします。
  • 鎌形契木 Kama-gata Chigirigi
    鎌形契木 Kama-gata Chigirigi
    32,000円
    ◆ 鎌形契木 ◆ 鎌形チギリギ  

     頭頂部に鎌・鎖を取り付け末端部に分銅が付いている契木になります。末端部には筒形契木と同様の石突を取り付けています。埼玉県秩父気楽流の修業者様考案>より特注品のご依頼を受け製作致しました。製作過程で特に苦労した点は、すべて苦労ですが鎌の強度と接合部になります。頑健に製作をしております。


    サイズ変更点など、その他ご相談ください。
    -------------------------------------------
    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。

    「チギリギ」と呼ばれる武器が生まれたのは鎖鎌と同様の発想と見てよく、根飛といわれる分銅鎖と棒を連結させ、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての素肌武術のの発達期とともに出来上がった物であろうと考察される。R113参照


    ● 秘武器 契木術の技法 ●
     契木の技法はまず鎖分銅を千段巻きの中に納めた状態では棒術としての技法を駆使することになる。鉄製の千段巻きの部分と納めた分銅の先を使っての打ち突き技、また棒を返しての石突きを使っての打ち突き技は非常に威力がある。もちろん鉄筋の入った千段巻きの部分は敵の刃を受け止め、受け流しての反撃に最大限の効果を発揮する。また鎖を納めたまま契木を打ち込めば敵が受け止めたり下がって躱わしたとしても、間合いの外から鎖分銅が振り出され、各急所を急激することになる。鎖分銅を千段まきから出しだ状態では、敵の手足や首を鎖分銅が縦横無尽に急襲することになる。P119参照

    契木術に薙鎌(なぎかま)の技法が加わり、鎌で敵の手足や首を掻き切る複合技法となる。P109参照

    -------------------------------------------

    丸棒(木製)はホームセンターで購入した軽いタイプをサービス品としてお付けさせて頂いております。お客様のお手持ちの丸棒(木製)を装着してください。(両端にねじ止め固定)
    ----------------------------------------
    <鎌> m/m
     厚み 5
     鎌刃 長さ 100
     鎌幅 最大27 
     全長 185
     

     鎌下側パイプ(リングから末端)60
     筒 径 30
     リング外径 34 
     ネジ穴 径3

    <分銅側>
    ・本体
     全長 50
     丸棒 径22

    ・鎖 
     全長 700
     線径 3


    <石突側>
     全長  70(パイプから石突まで)
     筒 径 30
     リング外径 34 

    ・石突
     径 最大26
     先端(尖り)長さ15
     ネジ穴 径3
    ----------------------------------------

  • 筒形契木 Tsutsu-gata Chigirigi
    筒形契木 Tsutsu-gata Chigirigi
    32,000円
    ◆ 筒形契木 仕込み契木 ◆ 筒型チギリギ  

     筒の中に鎖分銅が納まる仕掛けを再現いたしました。先端側を少し下げれば、分銅鎖が滑らかに出てきます。埼玉県秩父気楽流の修業者様考案>より特注品のご依頼を受け製作致しました。製作過程で特に苦労した点は、仕込み部になります。頑健に製作をしております。

    鎖の長さをご希望にそって製作いたします。鎖の長さが長くなれば筒も長くなります。その他ご相談ください。
    -------------------------------------------
    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。

    「チギリギ」と呼ばれる武器が生まれたのは鎖鎌と同様の発想と見てよく、根飛といわれる分銅鎖と棒を連結させ、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての素肌武術のの発達期とともに出来上がった物であろうと考察される。R113参照

    ● 秘武器 契木術の技法 ●
     契木の技法はまず鎖分銅を千段巻きの中に納めた状態では棒術としての技法を駆使することになる。鉄製の千段巻きの部分と納めた分銅の先を使っての打ち突き技、また棒を返しての石突きを使っての打ち突き技は非常に威力がある。もちろん鉄筋の入った千段巻きの部分は敵の刃を受け止め、受け流しての反撃に最大限の効果を発揮する。また鎖を納めたまま契木を打ち込めば敵が受け止めたり下がって躱わしたとしても、間合いの外から鎖分銅が振り出され、各急所を急激することになる。鎖分銅を千段まきから出しだ状態では、敵の手足や首を鎖分銅が縦横無尽に急襲することになる。P119参照

    -------------------------------------------

    丸棒(木製)はホームセンターで購入した軽いタイプをサービス品としてお付けさせて頂いております。お客様のお手持ちの丸棒(木製)を装着してください。(両端にねじ止め固定)
    ----------------------------------------
    <分銅側> m/m
    ・筒 径30
     全長 350

    分銅 全長33
     径  最大30~26

    ・鎖 
     全長 800 
     線径 3


    <石突側>
     全長  135
     筒 径 30
    ・石突
     径 最大26
     先端(尖り)長さ15
    ----------------------------------------

1

(カテゴリー内 : 2点)

カートの中身

カートに商品は入っていません