手慣らし鉄扇

この度の台風21号による被害に遭われた方々、そして北海道で発生した地震に際し、被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。早い復旧をお祈り申し上げます。


S.W.T工房では、これまで40年以上に渡り培ってきたステンレスの加工技術により、これまで難しかったステンレス製の秘武器の模造品を、職人の手で丹精込め、丁寧に製造しております。手にとっていただくと、きっとご満足いただける商品が沢山ございます。是非ご利用ください。
---------------------------------------------------------------------
◆会員のご登録をいただいた方に、1.000円のクーポンを差し上げます。ご登録後、クーポンコードを弊社からメールよりご案内いたしますので、この機会に宜しくお願いいたします。
  • 手慣らし鉄扇壱<新骨入り>限定数3  完売
    手慣らし鉄扇壱<新骨入り>限定数3  完売
    13,000円

    ◆ 手慣らし鉄扇 壱◆ 新骨入り 限定数2丁のみ 


    古武術 秘武器 鉄扇壱 新骨入りを制作いたしました。手慣らし鉄扇 壱の形状を厚み12ミリに、そして中心に親骨を入れています。以前、お客様よりご希望があり、特注品のご依頼をいただきましたのでこの度、製作販売をさせて頂きました。

    親骨部の角を削った形状であり、横から見ると小判型になります。8ミリ巾・5ミリ巾と特注品で仕入れたタイプの材料になります。特に厚み12ミリの鉄扇は2点限りになりますので在庫終了後、販売完了になります。<壱 8ミリ巾>

    古武術の大家、 岩井虎伯先生より壱は、手首の鍛錬用に適し、特に居合や柔術等を遣っている方に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    壱  

    扇部最大幅 32mm
    全長 355mm
    厚み 12mm
    重量 970g

    親骨 横からの形状 小判型  高さ3mm 幅8mm


    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • 手慣らし鉄扇 壱
    手慣らし鉄扇 壱
    7,560円

    ◆ 手慣らし鉄扇 壱◆ 大 軍扇型

    古武術 秘武器 鉄扇壱を制作いたしました。三種の内の大型サイズになります。古武術の大家、 岩井虎伯先生よりご提供いただきました鉄扇の型紙をもとに制作をさせて頂きました。壱(大)・弐(中)・参(小)がございます。壱のタイプは、手首の鍛錬用に適し、特に居合や柔術等を遣っている方に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    壱  

    扇部最大幅 32mm
    全長 355mm
    厚み 8mm
    重量 750g

    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • 手慣らし鉄扇 弐
    手慣らし鉄扇 弐
    6,260円

    ◆ 手慣らし鉄扇 弐◆ 中  軍扇型

    古武術 秘武器 鉄扇壱弐を制作いたしました。三種の内、中型サイズになります。古武術の大家、 岩井虎伯先生よりご提供いただきました鉄扇の型紙をもとに制作をさせて頂きました。壱(大)・弐(中)・参(小)がございます。弐は稽古用や護身用に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    弐 

    扇部最大幅 29mm
    重量 300g
    厚み 8mm
    全長 300mm

    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


  • 手慣らし鉄扇 参
    手慣らし鉄扇 参
    5,180円

    ◆手慣らし鉄扇 参◆ 小 軍扇型

    古武術 秘武器 鉄扇壱を制作いたしました。三種の内の小型サイズになります。古武術の大家、 岩井虎伯先生よりご提供いただきました鉄扇の型紙をもとに制作をさせて頂きました。壱(大)・弐(中)・参(小)がございます。参は稽古用や護身用に適しているとご教示頂きました。滑り止めに柄の部もパラコードをお巻きしておりますので、お好みのお色をご選択下さい。

    扇部最大幅 25mm
    重量 200g
    厚み 8mm
    全長 263mm

    -------------------------------------------

    ◆ 岩井虎伯先生の「秘武器の全てが分かる本」より抜粋させていただきました。
    実際に鉄扇術として用いる場合、攻防を兼ね備えた武器としてみると「手慣らし」型の総鉄扇の方が優れており、打撃力に絶大な威力を秘め、白刃や棒と渡り合っても壊れることもない。

    ・鉄扇術の技法 鉄扇術とはその名の通り、鉄扇を用いての武器術である。その技法は多分に護身術的な要素が濃い技術で構成されている(その技法のほとんどは敵を殺傷せずに捕らえる柔術的な要素が含まれている。<P176参照>

    ◆鉄扇術の型(気楽流)
    ・一本目「抜付け」の型は敵が間合いを詰め、我の太股に居合腰から切り込んできたのを体捌きと同時に鉄扇で受け、間髪をいれずに敵の拳を鉄扇で打って刀を落とし、トドメの打ちを前頭部に極める技法で構成されている。
    ・二本目「切込み」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱すと同時に左手で柄中を捕り、一気に寄身し前頭部を鉄扇で打って極める技法で構成されている。

    この二本の型は敵の攻撃をしてくる刀を見切り、わが身を安全な場所に移動させる体捌きと、寄身の運足を身に付けるための型である。

    ・三本目「目付け」の型は敵が中段に構え間合いを詰め、切り込んでくる瞬間に敵の右脇に入身し刀を躱して擦り抜け、我は先に振り向き、敵が振り向いて切り込む瞬間に一気に踏み込んで左手で柄中(または右手首)を抑えつかむ。同時に鉄扇で眉間を突き、取り押さえる技法で構成されている(型では眉間を鉄扇で突いて極めたところで終了するが、口伝ではその後に刀を取り上げる逆捕りが伝えられる)。

    ・四本目「目付け・裏」の型は敵が上段に刀を構え間合いを詰め、真っ向に切り込んでくるのを体捌きで躱し、鉄扇で鐔元を打ち敵の右手を絵から放させ、即左手で右小手を逆に捕り、鉄扇で左拳を打ち刀を落とさせ、左に切って投げ(俗称・小手返し)、眉間にトドメの打ちを入れて極める技法で構成されている。

    ・三、四本目の方は入身と太刀打落としの技で構成され、柔術技法を駆使し鉄扇を用いての「無刀捕り」技法を身に付けるための型である。<P198-P199参照>

    -------------------------------------------


1

(カテゴリー内 : 4点)

カートの中身

カートに商品は入っていません